セール

Amblyopone Australis 女王アリ

¥49,500

在庫切れ

商品コード: Amblyopone-Australis-queen カテゴリー: ,

説明

飼育レベル:普通
分布: オーストラリア、ニューカレドニア、ニュージーランド
生息地:湿った硬葉樹林の森
コロニータイプ:単女王制、多女王制
女王:サイズ(10mm) 色(赤から黒)
ワーカー:サイズ(4.5〜8mm) 色(赤から黒)痩せ型
雄:色(黒)
餌:虫(芋虫、ミルワーム、小さいハエ、小さいコオロギ、トビムシ)
湿度:餌場(50〜70%)巣(50〜80%)
温度:餌場(21〜30℃) 巣(24〜28℃)
冬眠:なし
初期コロニー: 女王はワーカーを作るのにある程度餌を必要とします

比較的小さなコロニーを生成し、野生下では腐った丸太や石の下に生息しています
人生の大抵の時間を地下で過ごしていて、目が殆ど見えないアリです
成虫は基本的に幼虫から体液を啜る事で生命を維持します
また、幼虫の餌となる他の虫の体液を啜ります
幼虫は繭を生成するタイプです
ワーカーが繭を破り蛹の体液を啜る事もありますが幼虫、蛹共に成長に支障はない為、静観して下さい
主に餌や幼虫の体液を啜る性質から吸血アリと呼ばれています

幼虫は肉餌を食べて育ちます
成虫、幼虫共に蜜餌を食べない為、小型のコオロギ等の肉餌を定期的に与えてください

刺針がありますが動きは遅めです